スポンサード リンク

スポンサード リンク

心臓が痛い 不整脈

心臓が痛いと不整脈を起こしている可能性があります。

心臓の拍動は1分間に60回~100回ぐらいですが、この基準より拍動が速くなったり遅くなったり、 リズムが乱れるなどの症状がある場合を不整脈と言います。

不整脈には種類があり、拍動が速くなる頻脈タイプ、拍動が遅くなる徐脈タイプ、拍動リズムが乱れるタイプの3種類があります。 拍動が速くなったり、遅くなったり、乱れる不整脈はほとんどの場合は心配することはありませんが、 中には心房細動や心室細動といった危険な不整脈の病気もあるので注意が必要です。

心臓が痛い不整脈を起こす心房細動とは、心房が1分間に350回~400回という異常な速さで細かく震える病気で、 大動脈に血液を送る心室の動きが乱れるので激しい動悸や胸の不快感、不安感などを伴います。 心房細動で直接死に至ることはありませんが、心房細動になると脳梗塞を起こしやすいので注意して下さい。

心臓が痛い不整脈を起こす心室細動とは、心室の電気刺激が大きくぐるぐる回り、心室が痙攣して収縮出来なくなり、 心臓から血液を送り出せなくなるので脈が無くなり失神してしまいます。 そして失神から突然死に至る恐い病気です。

心臓が痛い不整脈は心房細動や心室細動のように死に至る恐い病気の前兆の可能性もあるので、 循環器系の病院に行き専門医に診てもらうようにしましょう。

スポンサード リンク


このページの先頭へ