スポンサード リンク

スポンサード リンク

心臓が痛い 息苦しい

心臓が痛い、息苦しい等の症状がある場合は、狭心症や心筋梗塞、自然気胸、 肺気腫などの病気を引き起こしている可能性があるので注意して下さい。

狭心症は、冠動脈の動脈硬化によって血流が滞ることで心筋に必要な酸素が送れなくなり、 心臓が痛い、息苦しい、左肩、下あご、みぞおちが締め付けられるなどの症状が現れる病気です。 狭心症の症状は10分程度で治まり、その後は通常の状態に戻ります。

心筋梗塞は、冠動脈の動脈硬化によって血流が止まり、心筋が壊死してしまう病気です。 症状は狭心症とよく似ており、心臓が痛い、息苦しい等の症状がありますが、 心筋梗塞による心臓の痛みは死を予感するほど強烈なもので、30分以上続くのが特徴です。 心筋梗塞の場合は治療が遅れると死に至りますので、すぐに救急車を呼ぶ必要があります。

自然気胸は、肺を包んでいる胸膜に穴が開いて、空気が漏れてしまう病気のことを言います。 心臓が痛い、息苦しい等の症状が突然現れます。

肺気腫は肺胞が潰れて大きな空気の袋になってしまう病気で、心臓が痛い、息苦しい、咳等の症状が現れるようになります。 肺気腫はタバコに含まれる刺激物質が原因で引き起こされるので喫煙している人は注意して下さい。

心臓が痛い、息苦しいなどの症状がある場合は、内科を受診し専門医に診てもらうようにしましょう。

スポンサード リンク

心臓が痛い

心臓が痛い場合は心臓病の可能性があるので注意が必要です。心臓病というと狭心症と心筋梗塞がありますが、狭心症と心筋梗塞では痛みの種類が違います。痛みの種類を見極めることが、その後の治療に

心臓 痛い チクチク

心臓が痛いチクチクと痛むなどの症状がある場合は心臓の病気を心配してしまいますが、心臓の病気ではなく心的問題で起こる心臓神経症の可能性があります。心臓が痛いチクチクと痛むなどの症状を伴う心臓神経症とは、あらゆる検査をしても心臓に何らかの異常が見つからないのに

心臓 痛い ストレス

心臓が痛いのはストレスなど精神的なもの原因で起こる場合があります。心臓は、「心の宿る臓器」という言葉通り精神的な動揺があらわれやすい臓器です。初めての検査で緊張したり、心配事があるだけ

心臓 痛い 呼吸

心臓痛い、呼吸がしにくいなどの症状がある場合は様々な病気の可能性があります。心臓痛い、呼吸がしにくいなどの症状が伴う病気としては、心臓神経症、狭心症、心筋炎、自然気胸、心不全などの病気が

心臓が痛い 原因

心臓が痛い原因は、動脈硬化や不整脈、弁がうまく働かなくなる、心臓の筋肉が厚くなるなど様々あります。心臓が痛い原因が、動脈硬化によるものですが、人の血管は年齢と共に老化が進みますので、老化によって

心臓の下が痛い

心臓の下が痛い場合は、様々な病気が考えられます。例えば、冠動脈が動脈硬化で狭くなり心筋が血液不足になり発症する「狭心症」、冠動脈が動脈硬化で狭くなって血栓が出来、心筋が死んでしまう「心筋梗塞」

心臓が痛い 不整脈

心臓が痛いと不整脈を起こしている可能性があります。心臓の拍動は1分間に60回~100回ぐらいですが、この基準より拍動が速くなったり遅くなったり、リズムが乱れるなどの症状がある場合を不整脈と言います

心臓のあたりが痛い

心臓のあたりが痛い場合は心臓病の前兆の可能性があるので注意して下さい。心臓のあたりが痛い心臓病は狭心症や心筋梗塞があります。狭心症は動脈硬化で冠動脈が狭くなって心筋が血液不足になるため起こる病気

左肩が痛い 心臓

左肩が痛い、心臓が痛いなどの症状がある場合は心膜炎の可能性があります。心膜炎とはウイルス感染などで心臓を包む膜に炎症が起こります。心臓のポンプとしての力が低下して体に血液が回らず、うっ血が

走ると心臓が痛い

走ると心臓が痛い場合は無理をしてはいけません。なぜなら、狭心症発作を起こす可能性があるからです。走ると心臓が痛い場合は、いつもより激しく動いているので筋肉を動かすために心拍数が増加し血圧も

心臓病による胸の痛み

心臓病にはさまざまな症状がありますが、代表的な自覚症状として「胸の痛み」があります。胸の痛みが起きた場合は、胸の痛みなどの自覚症状があらわれた時刻、また、何をしている時に起こったのか、痛みの持続時間、胸の痛みの頻度などをメモしておくようにして下さい。

心臓 動悸

心臓に動悸を感じる場合は危険な病気を引き起こしている可能性があるので注意して下さい。心臓に動悸を感じるのが、運動をした後や緊張をしている時に起こる場合は、安静にしていれば自然に動悸は治まりますので心配する必要はありません。

心臓発作

心臓発作の現れ方はさまざまありますが、そのなかでも最も多いのが胸の痛みです。心臓発作で典型的なのは胸の痛みで、必要な量の血液が心筋に十分に届かなかったり、途絶えてしまうことで胸痛などの症状が引き起こされます。心臓発作で胸の痛みがある場合

心臓疾患 症状

心臓疾患の症状は動悸や息切れ、胸痛などが伴うのが特徴です。心臓疾患の症状として動悸がありますが、動悸の原因が心臓にある場合は不整脈によるものです。不整脈は心配のないものもありますが、脈拍が1分間に100回以上あったり、

心臓 高血圧

心臓は高血圧により負荷がかかると狭心症や心筋梗塞など、さまざまな病気を引き起す原因になるので注意して下さい。血圧とは血管壁に加わる圧力のことを言い、高血圧とはこの血圧が高い状態のことを言います。高血圧になる原因は遺伝的な要因と、生活環境が要因になっている場合があり、

心臓神経

心臓神経症とは、動悸や窒息感、胸痛、安静時に胸がチクチク痛む、頻脈、息切れ、頭痛、手足のしびれ、耳鳴りなど、心臓病とよく似た症状を伴うのが特徴です。しかし、心臓神経症の場合は心臓に異常があるわけではないので、病院でいろいろな検査をしても異常

心臓 ドキドキ

心臓がドキドキしたり、脈が速くなったり、息切れ、倦怠感、めまい、胃や食道に不快感などの症状が伴う場合は、不整脈を引き起こしている可能性があるので注意して下さい。不整脈にはいろいろな種類があり、安全なものから、突然死に至る危険な不整脈があるので注意が必要です。

胸痛

胸痛は狭心症や心筋梗塞などの心臓病の代表的な症状の一つです。胸痛の症状の例をあげると、締め付けられるような胸の痛み、圧迫されるような胸の痛み、胸からみぞおちにかけて走るような痛み、胸から背中にかけての痛み、胸から奥歯にかけての痛みなど、痛みの範囲や痛みの程度は人によって様々です。

心臓 症状

心臓の症状で気を付けなくてはならないのが、胸痛や動悸、呼吸困難などの症状がある場合です。急に胸が痛くなったり、圧迫感などを感じる場合は心臓発作を起している可能性があるので注意が必要です。このような症状がある場合は、狭心症や心筋梗塞などの病気を発症している可能性があります。

胸がギュッと締め付けられるような痛み

胸がギュッと締め付けられる痛みがある場合は、狭心症を引き起こしている疑いがあります。狭心症とは、心筋に酸素と栄養を供給する冠動脈が狭窄を起こして、血液の流れが悪くなることで様々な症状を引き起こす病気です。狭心症の代表的な症状としては、「胸が締め付けられるような痛みがある」、

心臓が痛い 息苦しい

心臓が痛い、息苦しい等の症状がある場合は、狭心症や心筋梗塞、自然気胸、肺気腫などの病気を引き起こしている可能性があるので注意して下さい。狭心症は、冠動脈の動脈硬化によって血流が滞ることで心筋に必要な酸素が送れなくなり、心臓が痛い、息苦しい、左肩、下あご、みぞおちが締め付けられるなどの症状が現れる病気です。

このページの先頭へ